■始まったあの日、止まった時の中で ②(完)【乙女】【オリジナル小説】

この話が中途半端だったので続き書いてみました。色々雑で丸投げですがこれで一応終わりです。最後の須磨(偽)は…コトちゃんにビンタされたはず。