絵、時々文章なブログ(姉)

sungenのブログです。pixivデータ(主に文章)の保管用ブログ。オリジナルイラスト、小説がメイン。


sungen(pixiv genペア)のブログです。


アート、デザイン、漫画、イラスト、小説について語ったり、作品をアップロードしたりします。
漫画、絵、文章を書きます。二次創作は大神。
長編小説はヘッダのシリーズまとめから探すと楽です。







悪霊退散大作戦(魚住かおるさん著)の夢をまた見た。【日記】【漫画感想】

私は半年から一年に一回くらい、魚住かおるさんの『悪霊退散大作戦』(今は『伊集院月丸の残念な霊能稼業』)の夢を見ます。理由はただ一つ。私はこの作品が超好きで、続刊がなかなか出ないから!!

ネムキプラス』と言う隔月刊の漫画雑誌で連載されてるんですが、コミックス分はたまってそうなのに、「出版社さん原稿無くしたの?じゃなきゃ一体何が…」と言うくらい出ない。どんだけ待たせるんだよ…。いい加減コミックス続きください。

 

悪霊退散大作戦(1) (眠れぬ夜の奇妙な話コミックス)

悪霊退散大作戦(1) (眠れぬ夜の奇妙な話コミックス)

 

 しかし、まあ…もうちょっとこの作品は雑誌内で優遇されても良いと思う。そろそろ古株なのに。この前カラーもらってたからコミックスの表紙用かな?と思ったけど出ないなー。次号にお知らせとか掲載無いかなあってくれ。後発の連載はどんどんコミックス出るのに…。

ネムキの漫画家さん達はレベル高い方ばかりなので、影が薄いのかな…そんな…。

既刊も増刷してまともに売り出してほしい。売れるかどうかは分からないけど。

 

 【悪霊退散大作戦の適当なあらすじ】…む。これは説明しにくい。何とか書きます。要するにコメディ系霊能力話?

主人公の遠藤みちるは霊が見える。なので伊集院月丸という名前でインチキ霊能力相談をしている。ただし自宅。そしてニート。顔がちょっと良いだけの彼はへたれで特に何も役に立たず除霊も出来ない。

だが甥っ子(幽霊と肉弾戦が出来る)と、強力な悪霊の鬼姫を仲間にし、彼等と一緒に今日もダラダラ&底辺&ハプニング。たまに泣ける。

 

出版社が変わったのでタイトル変わってますが、話はそのまま続いてます。

新タイトルになってからはちゃんと…?霊能力者っぽく(見習いですが)働いてます。これには驚いた。

 既刊1~3巻は電子版があったので、気になる方はそちらで読んだ方が早いかもしれません。

 

出版社さん、ずっと出さないでいると移籍とかされちゃいますよ?逃げられちゃいますよ?今はネットで連載してコミックス出せる時代だし。

逆に言えば、どういう契約なら作家さんがこの状況に納得するんだろう…怒らないのかな。菩薩?

書き下ろし漫画はあってもコミックスには後書きとかもないし雑誌の巻末だけじゃどんな方なのか不明。結構謎な作家さんかも…。

 

でも朝日ソノラマさん…だしなー。(今は朝日新聞社さんですが)

あのチキタ★GUGUも結局何にもサブコンテンツ無しで終わらせてしまったと言うびっくりな出版社さんだしなー。私が強烈に好きだっただけですが、当時それには絶望しました。難しいのかもしれないけど、もっとやりようがあるだろうと…。

 

チキタ★GUGU 3巻

チキタ★GUGU 3巻

 

 この表紙が一番好き。そして3、4巻が凄すぎる。

チキタ★GuGuとは編集

 

もう今更ですがチキタはドラマCDとかも出せば良かったのに!!売れたかは知らないけど、ホントもったいない!!オルグのぬいぐるみ欲しい。

チキタの三巻四巻は某アニメイトで山積み、普通の本屋で平積みされるくらいは人気あったのに…。私の周辺だけかな。

 

あ、『悪霊退散大作戦』で見る夢ってのは大体、ヒロイン?の悪女と主人公のへたれイケメンが仲良くなるって夢です。夢の続きが気になってちょっと寝過ごしました。

やっと想いが届いて良かったね!とほほえましく涙ぐみ、

 

…起きて夢だったと分かった時の絶望感とむなしさと来たら。

作中だと脈は無いようでちょっとあるようでって感じですが、上手く行って欲しい。と言うか悪女すぎヒロインの登場話すら単行本未収録って嘘だよ…。

そろそろまとめて出ることを祈ってます。読み損ねた話が気になって仕方ない。

 

既刊全部まとめて新装する気で出してないんだったら許すけど…まさかドラマ化する気で出してないとかだったら喜ぶけど。そんなことも絶対無いだろうなー。

(ドラマって言えば百鬼夜行抄だけど…あちらはコナン化して話がもう永遠に進まない気がする。それじゃ悲しいよ…)

読者の期待には応えて欲しい物です。今度アンケートに書いて出そうかな。

 

どうでも良いですが、アンケート至上主義ってもう古いんじゃ無いですか?

だってここまで電子書籍が増えてきて、結構ネットの時代なのに…。アナログすぎ。

それが悪いとは言いませんが…。

もう、いっそきっぱり廃止しちゃえばいいのに。

某雑誌はわざわざアンケート出してくれるお客様は絶対神様!という状態ですが、私はたとえ毎号買ってもほとんど出したこと無いです。マイナーなのが好きなので出しても打ち切られるし。矢吹健太朗さんの『邪馬台幻想記』を打ち切った時点でもうキレた。

 

邪馬台(やまと)幻想記 (1) (ジャンプ・コミックス)

邪馬台(やまと)幻想記 (1) (ジャンプ・コミックス)

 

 

※これは新装版出てます。そちらはなんか表紙絵が幼い?

最も『邪馬台幻想記』は、ストーリー展開的にあのまま続けるのは厳しかったのかもしれませんが…。今の作者さんの凄い売れまくりの状況を見るに付け、もしあの作品が続いていたら、どうだったんだろう?と思うのです。まあ多分恋愛物は描いてたと思いますが。

最近ジャンプも買ってないなー。

三本読みたいのがあったら買う事にしてるんですが。無いなー。

 

いつか『伊集院月丸の残念な霊能稼業』で新刊が出たらテンション高く感想書きます。そろそろだと思ってもう二年三年は経つ。けどもうそろそろだと思うんですよ…。三月とか…。

 

広告を非表示にする