絵、時々文章なブログ(姉)

sungenのブログです。pixivデータ(主に文章)の保管用ブログ。オリジナルイラスト、小説がメイン。


sungen(pixiv genペア)のブログです。


アート、デザイン、漫画、イラスト、小説について語ったり、作品をアップロードしたりします。
漫画、絵、文章を書きます。二次創作は大神。
長編小説はヘッダのシリーズまとめから探すと楽です。







■箱舟ヤマトあとがき pixiv版【大神】【長編】【あとがき】

大神捏造長編『箱舟ヤマト』のpixiv連載時の後書きです。

pixivに掲載した後書き&キャラ一言語り。あと予言の捏造設定説明です。

 

ブログ版に寄せてのあとがきはまた明日…。力尽きました。

 

pixiv後書き


というわけで、このシリーズはついに終了です。
ここまで読んで下さった方、本当にありがとうございます!

このシリーズを書き始めたのは、大神の長編にマジで飢えてたからです。
何という自給自足精神…。

一応、『ウシワカの役に立たない予言って何の為にあるの?』という疑問に、自分なりの答えを出そうと思って書きました。長々書いたけど、要するに、「気に病む事は無いよね、予言があって今日は助かったし」と言う事なのかな。
彼の力はその辺の人々に、希望をあげるためのもの…とかだと良いな。

まあぶっちゃけ、ほのぼの出来ただけで満足です(笑)シリアスはおまけ。

いろいろ捏造しまくってすみません。
このシリーズはなるべくゲームが基準になるように無理やり設定を考えました。
なのでアマテラスのセリフとか幸玉とかが見えます。
アイテムもいっぱい!買い物も出来る。
天神族達の性格設定は、何となくイメージから外れないようにと考えましたが…出来てると良いな。

今のとこ続編は絶望的なので、タカマガハラを少しでも冒険している気分に
なっていただけたら…嬉しいです!(続編…くれ…!涙しかない…)

通常版がまるごと盟友のシリーズに入っているのは、オキクっぽい人が出るからです(笑)※後注。まあそんな感じでした。シリーズ名【盟友】で連載しました。

閲覧本当に、本当にありがとうございました!
次ページに恒例?のキャラ語りあります。

■ ■ ■
■キャラ一言語り

アマテラス
主人公!このアマ公は旧アマなのでやたら強い。
敵をあっさり倒してしまうので困りました。

ウシワカ視点なので彼女と呼ばれてますが、まあ「わんこ」で。
ウシアマ度は最後までグレーでしたね!フフフ計画通り!!

ウシワカ
準主役。何でこんなにアホに…。
でも彼は凄い優しい人な気がする。
陰陽術は…何か一杯できるんじゃないッスか(適当)

アズミ
ヒロイン?っぽい扱いなのは銅像が多いからです。
彼女は真面目、通訳、と来て個性が無くて困ったので、
少しおっちょこちょいにしてみました。
苦労させてゴメン。
前半、キャラが決まらず出番が少なかったので、
中盤から何とか活躍させました…。
ハクバと大の仲良しです。

多分ウシワカはアズミがすごくタイプだと思う。
かなりぐらっと来る事もあったんじゃ…。
しかしウシワカは前半はタカマガハラに男一人か…。キツイな…。

ハクバ
彼女は凄く濃いキャラになりましたね…。
極道で、妖怪で、腹黒で酒豪。さらにチート記憶。
書いててかなり楽しかったです。
アズミがキャリアウーマンなので家庭的にしてみました。
ウシワカは彼女を妹みたいに思ってると思います。
ハクバも「お兄ちゃんってこんな感じかしら、うふふ!」
なんて考えてたりしそう。

ウシワカの呼び方はいちいち「誰々が言った」…と書くのが面倒だったので
皆、変えましたが彼女はウシワカさん、と呼んでくれるので嬉しかったです。

スサド
消去法で、設定に困って建築マニアになりました。
中二病患者…。純朴な感じで。
ウシワカとは飲み仲間。アホ友達的な。
ちなみに本編には書きませんでしたがハクバとは…まあ、そういう感じでいいや。

マルコ
一番困った…。
でも一応皆の保護者って感じです。
イイ知恵を持ってそう。
ウシワカも皆も頼りにしてます。いつも存在忘れ気味だった…。

オロチちゃん
なんかフレンドリーになってしまった。
空気読むスキルは高そうですね。
卑劣を卑猥と呼んだ人は挙手。(←私です)

常闇PS
猛アピールするもスルー…。
報われない愛。そして放置プレイ。

常闇PSP
ヤンデレ
もしかして怒りっぽい?

イッシャク
お疲れ様でした。

クロウ&チビテラス
何か登場。また彼らが主役の話書きたいな。

クトネシリカ
丸投げしちゃいました。




ウシワカの予言に関する捏造設定



(※あくまでこのシリーズを書く上での設定です。適当にでも決まってないと色々書きづらかったので。相当メチャクチャですがお暇な方はどうぞ)

ええと、文章を書くときは、ものすごく行き当たりばったりに書いてます。
マジで文章始めたばっかなので正直テクニックとか無いです…。

一応、長編って事でラストまでこんな感じで、と言うのは作ったんですが、
つじつま合わなくなって何回も修正しました。
今回はコレとコレを入れて…ぐらいにしか考えず書き始めてしまい。
あれ、なんでこんな事に??って事も多々ありました。

で、遺跡編を書いている時に、ノリで書いてたらウシワカがうっかり遭難します。
あー、ウシワカうっかり遭難しちゃった!この先の展開どうすれば良いんだ…!とかアセアセと、そして何とか上手いこと纏めないと!とか思うわけですが。

そこでかなり苦し紛れな予言の説明が出ます。…というか書いてしまいます。

正直、遺跡編を書いている時点でも予言の捏造設定はサッパリ決まっていませんでした(汗)
そこでようやく、「げ…どうしよう。コレだと、後々困りそう…オロチ襲来とか」と思い、…彼の予言ってどんな物なのかなと何となく考えてみました。

この話を書くためのだけの設定だし、ソレっぽければ良いや!ってことで。
色々怪しいですが、そこはスルーで。考察ってちょっと下世話ですが楽しいですよね。
考察と言っていいのか微妙ですが、良かったらどぞ。


■ウシワカの予知能力の設定が今の所の問題なので、それならばと、【未来予知物語】として「大神」というゲームをとらえてみる事にしました。

すると…やっぱり不思議が出て来ます。
『ウシワカはなぜ未来が見えているのに間違えるのか』
という未来予知モノではごくありふれた疑問…。

未来が見えているなら避けられそうなモノなのに。(ギリギリまで見えない、見えても他に方法が無いとかなら無理だけど。それに敵も強いから余計仕方無い)
ウシワカはどうも最初からあきらめている節がある気がする。(←妄想)
てことは、全て運命はあらかじめ決まっていて、ウシワカにはホントにどうしようも無く、
ただ未来を時折のぞき見てその通りに、レールを敷かれた道をたどっているだけなのか?

…いくら何でもそれじゃああんまりだ、ウシワカが人として悲惨すぎる。自殺レベルだ…。
と思い、何とかならない物か…と考えました。

一応、この話の初めの設定として。
『運命が決まった瞬間に未来が見える。ウシワカの行動自体は関係が無く自由』
というのは考えてました。
何から何まで決まっているとウシワカがほのぼの出来ないので。

この設定を思い出して、ノリで書き殴った遺跡編に当てはめてみると。
①ウシワカが遭難したのでアズミが幽門を開く未来が見えた。
②アズミが飛び出した時に、遭難したウシワカに彼女が幽門を開く未来が見えた。
のどっちかのハズ。
どちらでも良いけど、フィーリングで②を採用しました。
『ウシワカうっかり→幽門行き』より、まだ「アズミの行動がきっかけ」の方がドラマチックで良いですしね。

ついでにゲームの予言を思い出し、ふと。
「もしかしたら、ウシワカ自身の運命(未来)は何ひとつ見えていないのでは?」
と思いました。

ようするに…彼は他人の運命だけを見ているのでは?
他人の運命が決まる瞬間を感じ、力が発動する。だから自分ではコントロールが出来ない。
(予見に種類があるという、この話の強引な設定ありきですが)

なら、アマテラスやオロチ等を含めた他人が何らかの自発的な行動をし。他人の運命(未来)が決まる。
その瞬間にウシワカの頭に予知として結末が見える。
不確定要素が多い場合は決まるまで見えない。
(その結果、天神族をヤマトに導いてしまった)

とか?
彼の予言はそういう瞬間に発動する、規則性を持った霊的な予測能力のような物なのでは無いでしょうか。(多分絶対違う)

木になった林檎を矢で射たら落ちるのが予測出来る、と言うような。

普通は他人の行動なんて分からないけど、ウシワカは不思議な力でそれを察知している(させられている?)そして『その結果』を霊的に(便利な言葉!)予測して外れない予言をする。ついでにその瞬間に未来に意識が繋がり、その光景が見えたりする。

とかどうでしょう?

まあ、ウシワカが好きすぎてこじらせた、単なる痛い妄想設定です(笑)
「あーこいつもう駄目だ」くらいに見て下さい☆

〈おわり〉

 

 

 

広告を非表示にする