絵、時々文章なブログ(姉)

sungenのブログです。pixivデータ(主に文章)の保管用ブログ。オリジナルイラスト、小説がメイン。


sungen(pixiv genペア)のブログです。


アート、デザイン、漫画、イラスト、小説について語ったり、作品をアップロードしたりします。
漫画、絵、文章を書きます。二次創作は大神。
長編小説はヘッダのシリーズまとめから探すと楽です。







カクヨムとの上手な付き合い方を考えました。【日記】★更新予定★☆お知らせ☆

サンゲンです。『JACK+⑪ 速水③ エリック』をブログに更新しました。

カクヨムとの付き合い方に悩むなー、と思ったので、色々考えたこと、決めたことを記事にします。

 

20160303002223

 

カクヨム、そう言えばまだ三日目ですね。

もちろんしばらく様子見ることにしますが、私は投稿サイトのオープンを見たのは初めてです。

pixivメインで使ってますが、pixivも大分後になってから知り、さらに最近になってから投稿始めたので、初期の様子とか知らないです。

 

カクヨムはこれから成長していくんだなー、と思います。

 

今はお祭り、それは分かってるつもりなのですが…。

でも、ふと思うのです。

 

これは私が求めていた『場所』なのだろうか?と。

 

 

カクヨムは場所を提供するだけ、と言うことは運営さんもおっしゃってますし、それにはとても感謝し、なるほどと思います。

 

ですが何だか、今は不思議な気持ちです。もやもやする。

単純に、小説を読んで貰えないからクサる、と言うのとは少し違う気がする…。

 

何が違うのか?

もやもやの正体を考えてみました。

今だけだと思いますが。しばらく放っておいても勝手にフォローされていきます。

アクセスすると、三、四人とか。アクセス中にもどんどん増えます。

 

私の作品や作風を気に入って、あとキャッチコピーを読んでいずれ読もうかな?と思ってフォローして下さる方が多いといいなと思います。

もちろん、それを勝手に私が判断するのは失礼だと思います。

正直に、とにかくフォローしてます、とおっしゃってる方もいらっしゃいます。外して良いよ、と書かれてる方もいらっしゃいます。

 

けれどカクヨムは、このまま…書く人が、書くために読むサイトになるんじゃないか?

私は読む人が、偶然なんとなく読んで、ほっこりして貰うとか、そういうのが欲しいのかもしれない。

そんな感じなのかな。

 

つまり、私は書く側と読む側(フォローして下さった方)に、今はまだ、とても距離があるのが不安なんですね。

そんな些細な事。これから作品の更新を通して、交流して、地道に読者さんと仲良くなっていけば良いのですが。

『いやサンゲンさん!まだ三日目だし、とりあえず色々フォローして後で読むつもりなんだよ!』

はい、私もそうです。色々フォローさせて貰って、地道に読んでます。

 

ですが、私には細かなネット上の付き合いは無理だ!!

 

…って言うかそんなに面白い作品を延々と書き続ける自信ないよ!?…マジで!(蒼白)

だって、行き当たりばったりだし。私の話が面白かったら多分それ、偶然です。

偶々です。たまたま何かが当たっただけです。

あと毎日こまめに更新とか、毎週こまめに更新とか。

エネルギーをひたすら作品に傾けてどんどん執筆とか。

 

 …あっ、絶対無理☆

あとフォローされたらお返しにフォローとか。

(フォローは、はてなブログTwitterくらいなら別に何も苦じゃないです。カクヨムの場合はちょっとまだ慣れないので)

 

…仲の良い方々との交流も、度を過ぎれば毒になります。

時間もかかりますしね。

ドライと言われたらそうかもしれない…。『おま…もっと読者を大切にしろ!書く側だろ!!無責任!!読者にお礼とサービスと奉仕しろよ!』と言われたらそうです。

もちろんただの我が儘です…すみません。

 

まあ、要するに私はとにかく気軽にフォロー。と言うスタイルにはイマイチなじめないんでしょうね。

もし、今のままだと…

 

①フォローが来たら嬉しい、お返しに作品しっかり読んで感想書いてしまう。

→②疲れる。(主に目が)→③体調不良。

…この②からの悪循環が来そうで怖い。

今も、こまめにのぞいては一喜一憂しています。

 

このままじゃ確実に生活リズムと執筆の調子が狂う。

あと、カクヨムの為に、JACK+シリーズの展開が変わりかねない。

なんちゃってダンスバトルのあるイかれた作品が書きたい、速水さんをとことん苛めたい。イケメンが可愛そうな目にあってるの好きという当初の目的を忘れて、『うける』展開にしそうな自分が怖い。

例えば、必要最低限以上の超能力バトル展開とかですね。

そうすればまあ、多少、異能物としては多く読まれるかもしれないですが、JACK+本編では超能力はおまけ…というか単なる速水さんの頭痛のタネです。

 

なので、カクヨムとの付き合い方を、もう今決める事にします。

 

☆即決☆sungenのカクヨムとの付き合い方☆

自分からのフォローは、気に入った作品、作者だけ。

作品に興味が無ければ、お返しにフォローはしない。

作品を書いてない読者の方には、基本的にフォローはしない。

冷たい?…いやだって、何も書いてないのにフォローされたらその方がビビりませんか?あと、フォローのラインナップが魅力的って言う場合も、なるべくしない。

クリックして作品紹介をちゃんと見て、それを書いてる作者または、作品をフォローする。

 

定期的に、読み終わってもう読まない小説のフォローを外す。

出来ればその前に評価するかキャッチコピーを考える。

読み返したくなりそうな小説はフォローを残す。

…仮に外されても恨まないでほしいです。

〈ついでにカクヨムさんに要望的なこと言ってみる…面倒なので送らないですが〉

カクヨムさん、既読ボックスとか作って欲しいな。時期ごとにフォルダにまとめて本棚みたいに出来たら嬉しい。『2016年3月に読んだ小説』みたいな感じで、保存できると助かる。フォルダ自体も保存、削除が自由に可能とか?

すごく読んでる方ランキングとかあったら面白いですね。キャッチコピー1万件書いた最強読者とか。キャッチコピー大賞ってありますか?図書券五千円分とか、オリジナルしおりとか、キンドル貰えるんだったら頑張って読む気になるかも。

 

…と言う訳で。

早速、今から近況ノートにそう書いて、まあ、今までに相互フォローしていただいた方はさすがに申し訳無いので、近況ノートに書いた以降、つまり現在、2016年、3月3日 午前2時以降はこの俺ルールでいきます。

 

次回フォロー既読小説の整理は、そうだな、3月末にしようかな。

毎月末か、隔月末とかそのくらい頻度で。

※仮ですが。小説フォローを外す前には評価します。

 

あ、何か心が軽くなった…。

これで私は気に入った作者さんだけ、一方的にフォローすれば良いんだ…これは楽。

そう決めたらすごいスッキリ。やっぱり思い切って良かったんだ…←まあ、まだ分からないけど、現時点で後悔は無いです。

 

やっぱり私は

pixivメインで連載して、ブログ版出すときに加筆修正ブログ掲載カクヨムもついでに投稿。

そして邪な妄想を文章にぶつけ、ひたすらイラストを書きまくる。

このくらいのスタイルが丁度良いのかもしれないです。

文章書いてる理由の一つも、絵を描くネタが具体的にあった方が練習に楽、と言うだけですから。存分に練習しようと思います。もっと上手くなりたい…。

 

sungenでした!あースッキリ。また小説の続き頑張って書きますね。

今日は寝ます。お休みなさい☆

 

広告を非表示にする