読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

絵、時々文章なブログ(姉)

sungenのブログです。pixivデータ(主に文章)の保管用ブログ。オリジナルイラスト、小説がメイン。


sungen(pixiv genペア)のブログです。


アート、デザイン、漫画、イラスト、小説について語ったり、作品をアップロードしたりします。
漫画、絵、文章を書きます。二次創作は大神。
長編小説はヘッダのシリーズまとめから探すと楽です。







主人公が飲んだ薬の設定と、JACK+最近の修正報告まとめ3件。【JACK+】【修正報告】

 ★おくすりのめたね成分設定★

 20160110162246
なんだかなぁ。

世界はもう、とんでもないですね。
適当におくすりの設定したんですが、落とせる気がします。

つまりきちんと考えてなかったけど、あるんじゃないかと思ってた。
調べたら、やっぱりあったね、そういうおくすり。という感じです。
超ピッタリ。まさにこれですよ!(絶対あると思ってた)

まあメジャーでも使い古されてても何でも良いです。
適当にでも理由が付けられれば良いので。

というわけで謎だった透明なお薬は、アヤワスカ(植物)の成分の『濃縮薬』になりました。(植物からなので色付いてるらしいですが、成分濃縮か合成なので無色透明という感じで。透明にしておいて良かった)
成分はジメチルトリプタミン?あとハルマリン?まあそんな感じ。

摂取の方法は静脈または筋肉注射、そしてネタバレ注意な方法。
やった超ラッキー!!今後の使用展開(何という言葉…)にもピッタリだ!

普通は吐き気がして飲めないけど、混ぜ込んで、モノアミン酸化酵素阻害薬?(これが=ハルマリンと書かれてた)とかいうのと同時に摂取すれば経口でもOKという超超超親切設計。
速水が飲まされた黒い薬はじゃあそれ系で。白いのは入門用って事で。プロジェクト(エリック)は上手いことやってると思います。ふう。良かった良かった。
やっぱお薬は耐性必要ですよね!いけると思ってた。

--------------------------------
【追記】
+ヤバげな物も入ってるかも。ファンタジー的な?
ホントにその薬かは不明。エリック作だし。
まあだいたい近いんじゃない?多分ソレっぽいよね。こういう感じのおくすりも実在するんだ。へぇ。

というふわっとした感じでお願いします。

一応の裏設定という感じです。
後ですね、健全と言えなくも無い、ギリライトに読める話を目指しているので、あまり酷い展開にはなりません。たぶん…。
---------------------------------
なんでそのお薬が使われたのかとか、どうして途中でやめるとまずいのかとか、その辺の事も雑に…本当雑に…一応設定はあるような。無いような。
そちらはもし書くなら、今後の本編で。

お薬設定に関しては、今後ちらっと成分の名前がセリフで出るか出ないかくらいにします。多分。気が変わったら一、二行くらいさらっと説明書くかも?
その成分の名前や効能を知ってる方はニヤリ、あるいは気になって調べると納得、それくらいが丁度良いですね。
いつ出すかはまだ決めてないので、いつ出るかとかも楽しみにしてみて下さい。
一応、謎は全部スッキリ解決…したいと思ってますが…。…できるのかな私に。

おまけ

豆設定…アンダーの部屋は何でバストイレ別なの?

これはクイーン達からクレームが沢山来たから(笑)

 

そして以下は修正のお知らせです。あーあー…3件も。

 

■修正① 第2話レオンより。

ベスがスクールに入った時期が変だったので修正。

七歳→十歳に変更します。

 

ベスが七歳だと、ノアは三歳になってしまうので…。

この時は、正直あまりちゃんと設定考えてなかった…。

レオンは…後で考えようとぼかしてありましたが、十七、八歳で入ったことにします。あれ?まだふんわりしてる。そんなに重要でも無いしいいか…。

また大年表作ります。

 

【修正前】

「やっぱり馬鹿だね」

…つまり、ノアはそういうことなのだろう。

「私は…街で踊ってたら、家族を養ってくれるって…それを引き替えに入ったわ。七歳の時」

ベスが言った。

 

ベスは今二十歳。レオンは二十四歳。ノアは十六。

 

「ノア、十六には見えないな。老けてる訳じゃ無いのに」

速水は言った。

「、…よく言われるよ。主にジャックにはね」

ノアが苦笑した。

 

「ハヤミは十七には見えないな。意外に背はありそうだが…コレがトウヨウノシンピか?」

レオンが言った。

「…さぁ。よく言われる」

外人と良く付き合っていた速水は、ここは笑うとこだと分かったが、適当に答えておいた。

 

「それで、俺はここから、どうしたら出られる?時間が掛かるのか?ジャックは外に居たけど、…珍しい事なのか?」

速水はそれを危惧していた。

聞いた通りならベスは、七歳から十三年もここにいる――。

 

ここが修正されて、

【修正後】

「私は…街で踊ってたら、家族を養ってくれるって…それを引き替えに入ったわ。十歳の時」

ベスが言った。

(略)

聞いた通りならベスは、十歳から十年もここにいる――。

 

となります。まあこのくらいなら言わなくても…(オイ)と思います。

変に意識してもらってもアレなので、本編は新話出すときにちょろっと前書きするくらいで。

 

 

■修正② あーもうダメだ!私は場所を変える!!!

と、まあ、カクヨム撤退の話ではありません。

 

今、次の話を書いてるんですが、街を変えます!!

ウォーキーガンの資料が全然無い!!一応シカゴ都市圏らしいですが。細かい地図が出てこない。

もう面倒。

 

という訳で、ベスの実家は普通にシカゴになります。

シカゴフットワーク出すなら、下手な街じゃ無くて、そのままの方が良いってなんで気がつかなかったんだ…。

ちょいちょい、と修正しておきます。

…修正完了。一箇所だけだったので超簡単だった。これは直して正解だ…。

【いらないような…修正箇所の説明】

 

「シカゴに行きたいそうだな」

いきなり言われた。

「え?ああ、そっか盗聴してたんだっけ…、うん。地下から出る時に、クイーンだった俺の恋人…エリザベスが殺されたんだ。彼女との間に子供もいる。だからウォーキーガンの両親に、事情を説明したい…出来る?」

ノアは尋ねた。

 

これが。

 

「シカゴに行きたいそうだな」

いきなり言われた。

「え?ああ、そっか盗聴してたんだっけ…、うん。地下から出る時に、クイーンだった俺の恋人…エリザベスが殺されたんだ。彼女との間に子供もいる。だからシカゴに住んでる彼女の両親に、事情を説明したい…出来る?」

ノアは尋ねた。

 

となりました!なんかスッキリ!(笑)

…あれ?これブログに書いたかな?忘れた。

 

■修正③  第11話 ③エリックより

 

 

「主任。サク・ハヤミはレシピエントになれませんでした。こちらが採取したサンプルです」

ドクターバッグを見せる。



…あれ、そんな事言ってたっけ?ややこしいのでもう無しで。

 

「主任。こちらが採取したサンプルです」

ドクターバッグを見せる。

 

で行きます。

 

ぶっちゃけ、どっちでもいいんですよ別に。

後で、実はああ言ったのは建前で…とかにするのも有りだし。

 

 

本当に行き当たりバッタリですね…_| ̄|○

保存

広告を非表示にする